Bremontは数々の受賞歴のある英国の時計メーカーで、イングランドのヘンリー・オン・テムズの 本社で精巧なクロノメーターを生産しています。

2002年に私たち二人が極めて質の高いパイロット用腕時計を作り始め、Bremontの歴史が始まりました。

歴史的な飛行機の操縦と腕時計、またすべての機械的なものをこよなく愛する私たちが創り出す腕時計は、
通常求められる範囲を超えて厳しくテストされました。当社の定番シリーズはすべてCOSCの認定を受けています。また当社のすべての製品には業界でも稀な3年間保証が付いています。

非常に優れた精度と耐久性で絶対の信頼がおけるBremontの腕時計は、手作業でごく少量のみ生産されています。

そのどれもが、美しい機械式腕時計を作り上げる革新的技術と熟練の職人技に対する私たちの
情熱を理解していただける方たちにお使いいただきたい腕時計ばかりです。

私たちが腕時計を作り上げるときに感じる喜びと満足感を、当社の腕時計をお使いの
皆様にも感じていただければたいへんうれしく思います。


イングリッシュ家の兄弟 ‐ ニックとジャイルス

ブレモンの共同創業者たち


ブレモンの創業

1995年3月のよく晴れたある日、ニックとジャイルス・イングリッシュの人生は一変しました。ニックは父ユーアンと同じディスプレーパイロットでした。しかし1942年製の 

第二次世界大戦時代に作られたハーバード機を操縦中に事故に巻き込まれまれたのです。出番を次に控えて待機していたジャイルスは、父の死を知らされます。

兄は30箇所も骨折しており恐らく助からないだろうとのことでした。しかしその半年後、ニックはジャイルスの操縦する飛行機に乗り再び空を飛んでいたのです。ですが何もかも今までの通りではありあませんでした。人生は短く、無駄にする時間などありません。兄弟は自分たちが一番楽しめることを仕事にする決心をしました。つまり、精巧な機械装置の製造です。

子供時代のニックとジャイルスは、ビンテージの航空機を操縦していない時間の殆どを、
父の作業所で何かを作って過ごしました。二人の父はとても才能のある人で、元英国空軍のパイロットであっただけでなく、航空工学博士でもありました。模型作り。車の復元。二人は父の飛行機作りさえも手伝いました。その飛行機は今でも現役で飛んでいます。父ユーアンは機械式時計にも情熱を持っていました。よくオークションで古い時計を買ってきては、また動くようにしてごらんと言って兄弟に渡したものです。その情熱は今もBremontのクラシックな曲線に生き続けています。

Bremontという社名

1990年末、ニックとジャイルスは1930年代製の複葉機でフランス上空を飛行していました。次第に悪化する天候。エンジンの不調により二人は緊急着陸をやむなくされました。

そしてフランスの当局を煩わせたくなかった二人は、
親切な農民の申し出をありがたく受け入れ、無事彼の農地に着陸したのです。二人はその農民宅に泊まり、飛行機は納屋に入れさせてもらいました。そのときに、その農民は戦中はパイロットとして服務したことがあり、また才能のあるエンジニアでもあることが分かりました。彼の家には途中まで修理された壁掛け時計やエンジンの部品が至る所に置いてありました。彼が使っていた古い腕時計は、彼の父のものでした。兄弟は、この暖かいもてなしを決して忘れないことを農民に誓ったのです。その農民の名前はAntoine Bremontと言いました。